OYAMA YUKIKO 大山幸子 「The May Blossom」

Themayblossomoyama

大山幸子の旧作

1985年のフォトエッチング 
「The May Blossom」 3/20  ¥10,500(シート・税込み)
10cm X 15cm
●sold


書斎の壁に似合う作品。一色刷りならではの色調が呼吸を落ち着かせる

銅版画 大山幸子 A DryDay

制作から時間を経て独特のニオイはしない。でも確実にギャラリーCOCOのマップケースのニオイがしてくる。多くの作家達が柴谷さんに作品をゆだねていた。当時すでにamericanexpressのカードが使えた画廊。ドアのヨコに張ってあったブルーのシール。少し小さめの作品はボストンバッグの書類ケースに挟み込まれて「西洋」へ持ち出された

「むかしの都ホテルのお客さんは上等やった」近所の喫茶店のオーナーが言う

英語が上手だった柴谷さんが作家達に求めた「売れるもの」の意味が少し見えたような気がする。この大山さんの作品も、そんなお眼鏡にかなった一品

「a dry day」 18/20 エッチング
18cm X 12cm 

大山幸子Oyama Yukiko「Table」1984 エッチング


久々に大山幸子さんの旧作を見た。小さな作品、しかし記憶に張り浮いている銅版画のイメージが蘇る。最近の学生達はこんなに小さな世界に一つのイメージをまとめきれるのだろうか?
 18cm X 10cm

ふと、思う。個性ある若い人たちの小さな画面に思いを封じ込めた作品を見てみたいと。

正法眼蔵、バガヴァッド・ギーターにまみれながら宗教とは? オウムとは? 人を殺す動機とは? とじぶんに問いかける「太陽を曳く馬」の主人公、合田雄一郎が重なってくる

「Table」 /AP  エッチング ¥14,700(税込み)


¥17,500(黒縁額装・税込み)
(椅子に置いて撮影)